豆腐その前に

投稿日:2018年9月5日 更新日:

何度か豆腐教室をしているのですが、久しぶりなので緊張します。それでも出来たての豆腐はおいしいし、何より沢山の気付きがありますのでお呼びがあればかけ付けていってます。

さて、そんな訳で豆腐の作り方でも、と思ったのですが、その前に大豆の話から。

今、日本の大豆の自給率は何パーセントか知ってますか?全体では5%に過ぎません。全体といったのは大豆のほとんどが加工にまわされるからです。

日本人が一年間に食べる大豆の消費量は平成13年で、約507万トンですが、そのうち約381万トンはサラダ油などの精油用に使われ、残りのうち、約100万トンが、豆腐、納豆、みそ、醤油などの食品用として利用されています。
平成13年産の国産の大豆は、27万1千tが生産されており、食品用(油を除く)の自給率は26%となっています。

それでも日本食に欠かせない、納豆、みそ、醤油のほとんどが輸入大豆で出来ているというのも不安ですね。

海外では大豆は食用というより油用になります。日本の大豆の品種であるエンレイやフクユタカなどはタンパクの含有量が多く、豆腐や納豆、醤油にした時にはうまみがあり、濃厚感が出ます。

何より、国産大豆ではポストハーベストや遺伝子組替えでないというのが安心です。

もちろん、今は輸入ものでもポストハーベストでないものも多くあります。ちなみにポストとは後、ハーベストは収穫です。つまりポストハーベスト農薬は収穫の後に直接、その野菜や果物、穀物にかける農薬になります。直接なので人体の影響が非常に心配されています。先にも書いたようにすべての輸入小麦、輸入大豆がポストハーベスト汚染されている訳ではありませんが、ほとんどされているという事実は日本がまるで実験台になっているようで怖く思います。

安いには安いだけの理由があるということでしょうか。

さて、日本の食卓に欠かせない大豆。その大豆のほとんどが輸入です。(油にする分を含めて)

今は国産大豆も見直されてきて、大豆トラスト運動なども起こってきました。大豆トラスト運動は、消費者の皆さんが、収穫される大豆の権利買う形で出資金を出し、農家のと信頼関係の中で、安全な大豆を自分で確保できるシステムです。

まあその面積に穫れる大豆の権利を買うというものです。これにより安全な大豆が手に入るのはもちろん、色々な農作業、手作りものに参加でき、イベント性もあって広まってきています。

こうなった要因は皮肉なことに遺伝子組替え大豆の台頭です。油などは製品になった時点で、遺伝子組替え(以降GM)か非GMかのDNA鑑定が出来ないので、ほとんどGM大豆と言われています。

今、一番メジャーなGM大豆はアメリカはモンサント社のラウンドアップレディーです。ラウンドアップは除草剤の名前です。元々大豆は除草剤に非常に弱いのですが、遺伝子の組替えでラウンドアップだけに強くした品種です。

遺伝子組替え作物の怖さは、どのくらいの被害があるのか分かっていない点です。ひとつは人間に対して、もうひとつは他の植物を含めた生態系に対してです。実際他の大豆に花粉が飛ぶと、次からは除草剤耐性大豆になります。また雑草にも花粉が飛ぶのでスーパー雑草などの懸念もあります。

ある人は原子力と同じくらいの危険性があると言います。ただアメリカの環境大臣がモンサント社の重役であることからも分かる通り、今はGM作物推進に動いています。

その動きを止めるのは、実は簡単なことです。皆が買わなければ良いのです。もうけがないものは企業も作りません。ただ正しい情報を大人である自分達は得て判断しなければなりません。それがこれからの子ども達への責任なのかなとも思います。

 

-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大豆の話

実際の大豆の育て方です。風来でも大豆は育てていますが、大豆で収穫するというより枝豆目的です。 農業をやり始めた頃は大豆の若い時が枝豆とは知りませんでした。ホント、素人だったんだな~ さてここ北陸では大 …

にんにくの食べ方

にんにくシリーズももうやめようと思っていたのですが、昨日畑からもってきたにんにくの皮を剥いていて、これがなかなか大変でした。このうらみではないですが、苦労かかったということで今日もにんにくです。 さて …

ようやく豆腐

さて、秋になりようやく大豆の収穫です。あのサヤがカラカラになり振ってみて、中の豆がカサカサいうようになったたら穫り頃です。 大きいところでは大豆コンバインを使います。このコンパインさすがに刈るスピード …

no image

かないません~女性の力②~

サイトはこちらに引越しました かないません~女性の力②~    

にんにくパワー

にんにくの育て方ではなく、育ち方。これまで何度もにんにくに挑戦しているのですが、なかなかうまくいかなかったのがにんにくです。今年はようやく大物が穫れるようになりました。 でも苦労を考えると自分にとって …

インヴァスト証券「トライオートFX」

もんすけです

食べることが大好き。旅好きです

50歳になり、これまで資産運用などまったくやってこなかったのですが、人生100年時代、今後も豊かに暮らすために試行錯誤しています

失敗談も含めチャレンジした色々なこと赤裸々に書いています